3Dプリンタ出力による試作

特長1 FDMタイプなので、樹脂の素材を活かせる。
特長2 高強度ポリカーボネート樹脂を使用
特長3 高精度、耐熱性に優れる

※1度に造形できる大きさは、355×254×254となっています。
ただし、ポリカーボネート樹脂は接着が可能なため、
形状に工夫すれば組み合わせて大きくすることが可能です。

藤川樹脂は、高性能3Dプリンター「Stratasys FORTUS 360」を導入しています。FDM(Fused Deposition Modeling)と呼ばれる熱溶解製方式のタイプで、ポリカーボネート樹脂を用いてそのまま造形することができ、強度と耐熱性に優れた試作品が完成します。
精度が高く、金属の部品の試作にも耐えうる強度で、衝撃にも強くて割れにくい素材です。
3Dプリンタは切削加工に比べて精度は劣りますが、仕上がりまでの時間は半分以下に短縮され、あらゆる形状に対応できます。

 試作の比較表

安価なプリンター 切削加工 弊社の3Dプリンター
製作コスト ×
製作時間 ×
精度 ×
強度 ×
材料 ABS PLA 選べる ポリカーボネート
メリット 本体価格が安く、材料も手に入れられやすい 指定された材料そのものを使える|精度が高い 短時間で精度、強度の高い造形物が得られる
デメリット 材料が限定され、素材によっては材料の保管が難しい 削る時間が掛かり、費用が高くつく 材料が選べない
薄肉の立ち壁は強度が落ちる
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合わせはこちら

  • お電話072-362-5703

お問合わせフォームはこちら

お問合わせ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ